テスト前の対策はしっかりしている?

入試だけでない個別指導塾の役割

塾と言えば生徒を志望校に合格させることが1つの役割ですが、それだけではありません。塾にはテストで良い点を取れるようにサポートしていくという役割もあります。テストで良い点を取れば内申点が良くなることはもちろん、生徒に自信をつけてもらうことも出来ます。そこで個別指導塾を選ぶときにはテスト前の対策をしっかりとしているかどうかをチェックすることが大切です。テスト対策ではそれぞれの学校や担任の先生などに合わせた教材を使用する必要があり、これはある意味では入試対策以上に情報戦となります。どんなに指導力が高くても、どんなにたくさんの授業を受けても、テスト対策の方向性が間違っていると結果にはつながらない可能性があります。

教材のレベルを合わせられる塾は優秀

個別指導塾では基本的に生徒ごとに教材が選択されます。テスト前はその子が通っている学校に合わせた教材を用意しなければなりません。優秀な子にはどんどん難しい教材をやらせる塾もありますが、テスト前に学校の内容よりも遥かに難しい内容をやらせる必要はないといえるでしょう。学校のレベルと本人の様子を見ながら、教材を上手く使える塾を選ぶことが大切です。実際のテスト内容と教材を照らし合わせてみると、教材の選び方が合っているかどうかはすぐに分かります。テスト対策の充実度は必ずしも結果に繋がるとは限りません。テストの難易度が学校の先生の匙加減で大きく上下するからです。しかし、正しいテスト対策をしている個別指導塾であればテスト対策を何度か繰り返すことによって、徐々に成果が表れていくことが多くなります。

© Copyright Regular Tutoring. All Rights Reserved.